« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

トキオノバ会2012年01月

中の人です。
今月のトキオノバ会は予定通り関西TRPG道の例会に昨日参加しました。

 TRPGサークル 関西TRPG「道」
 http://kansaitrpgmichi.blog.fc2.com/

 前回の反省を踏まえて、前回より早めに、道も変えて出発。おかげで遅刻なし、用紙のコピーもできて余裕しゃくしゃく。

 予定通りOさんがTNDの『『Nothing hurts like the truth』で卓のエントリー、Uさんを含めPL3人で成立。

 後はアクトを開始、アンヘラと大江の関係が明らかにならないまま事件が解決という初めての展開になりまして、なかなか興味深いものになりました。

 約1時間オーバーして18時30分に終了しました。大急ぎで帰路に着きました。お二人さんお疲れ様~

 で、今回の反省と評価

●その1
 今回のアクト進行はスムーズでした。普段使っている『cdnova02』のアクトの項をコピーしてアクト進行のチェックシートにしていたものを持ってきたようです。

cdnova020900アクト
http://kokutoarchives.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/cdnova020900-6e.html

 想定よりもキャラメイクに時間がかかっているようですが、これは必要な時間であり、制作委員会の見込み違いのようなのでテキストを修正します。

●その2
 実は前回入ってくれたPLにUさんを加えたメンバーだったこともあり、レギュレーションの説明も前回より細かく出来ました。プレイの質は格段に上がったと思います。

 あとはデータの相互確認に時間を割きたいのと、プレイヤー間のつながりを強化したいというのは贅沢か?

●その3
 いい事ばっかりとは行かないみたいで反省点もあります。盛り上がった分だけ終了時間が守れませんでした。リサーチフェイズの情報収集に時間がかかり過ぎたのが原因かと思われます。
 描写に悩んで時間が取られるのと、調べる項目に無駄が多いので、次回はこのあたりを考慮した運用を課題としたいと思います、

 総論として前回より大きく前進できました。面子に助けられた面は否めませんがこの調子で行きたいものです。

 以上です。それでは~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

トキオノバ会定期報告2012年01月

 どうも、中の人です。

 2012年1月15日現在の定期報告です。

●実行委員会

 今月は関西TRPG「道」の例会に『Nothing hurts like a truth』のRLで参加予定です。前回の経験を踏まえ、改良されたプレイを目指します。シナリオの見直し間に合うかな?

関西TRPG「道」
http://kansaitrpgmichi.blog.fc2.com/

 先月発表された『アウターエッジ』の追加データをデータファイルに反映させます。全身義体、ブランチが全面改訂になったので作業量もかなりあると思います。また、これを気に新書版『カウンターグロウ』の追加データも取り入れることになりました。これにより新書も書籍と見なすことになりました。

●制作委員会

 『メジャーアルカナレポート』(mareport)のクロマク編、neuro_deck.txt部分がアップできました。引き続きエグゼク編に入ります。

 今月は以上です。それでは~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

トキオノバ会2011年12月

 どうもトキオノバ会です。年末年始ということもありまして、今回はリアルでは集まっていません。特別編として先日発売された『トーキョーN◎VA the Detonation』(以下TND)のサプリメント『アウターエッジ』の評価報告です。

 内容については、amazonとかオフィシャルを見てもらうとして、

 評価は

「いい加減バージョンアップしろよ」

 この一言に尽きます。

 これで終わってしまうと身もフタもないうえに、他の人もよく言っていることなので、もうちょっと違う視点も探してみました。

 今回、ニューロエイジの生活・文化にページが割かれているのですが、これって本来ルールブックに書くべきことだったのでは?

 ルールブックにおいて、キャストたちが直接触れる部分の情報が足りなかったために、ニューロエイジのイメージが掴みづらくなってしまった。ひいては、シナリオ作成に、キャラメイクに、アクト中の判断に、ゲーム全般に渡って支障が出る事態に陥ってしまった…のではないだろうか。

 新規参入が少ない(かもしれない)タイトルとはいえ、以前の版なら、ある程度は載っていた情報すら切り捨てたルールブックで始まった、TNDの展開に問題がなかったと言い切れるのだろうか。

 しかしなぜ、当時のルールブックはそんな展開で始まったのだろう。たいした根拠はないのだが、我々の推測はこうだ。TNDを発売するに当たって、オフィシャルはより進んだ未来な世界設定を作りたかったのだが詳細が書き出せなかった。

 加えて、当時はここまで現実が加速するとは考えていなかったので、詳しい部分はサプリメントで追い追い加えて行けばいいぐらいに考え、そういう部分を切り捨てた展開で始めた。

 しかし、現実は大幅に加速し、生半可な内容では現実との差が感じられない状態になってしまった。ならばとガッツリ詳細を書き出そうすると、実は版上げ級の変化が起こるぐらいの大きな設定変更をしていたことに気が付き、おいそれと手が付けられなくなってしまった。そこで文字通りのパッチをアテながらダマシだましの展開で今に至った。

 要するに、現実に追いつかれてしまって、引き離せずにいるということだ。

 結論は

「やっぱり版上げしろよ」

 でした。

 お後がよろしいようで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

2012年の新年会

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。中の人です。

 昨日、団では恒例の新年会が催されました。

 団長をはじめ、十数人の社会塵、逸般人が飲めや歌えや遊べの大騒ぎでした。

23780266_1453540877_244large

ごくごく一部です。

34343048_1478711314_96box

冨翁の一升瓶

 今年もたくさんのお酒と肴が皆さんを迎えましたが、その中でも一番の発見

梅酒と生ハムは合う

でした。

 ハムのしょっばさを梅酒の甘みがやわらげてくれると言うか、梅酒の甘ったるさがハムのしょっぱさで補正されるというか、素晴らしいマリアージュです。

 例によって麻雀したり、カタンしたり、ネット見たりしながらダラダラした時間を夜中まで過ごした・・・と思います。

 残念ながら詳しい資料が手元にありませんのでうろ覚えでの報告になりました。関係者からの情報提供は随時受け付けております。自力での内容の修正、変更、追加も大歓迎です(勝手に入って書けやゴルァ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »