« トキオノバ会2011年06月~データファイル完成 | トップページ | 不定期メンテナンス2011年7月 »

2011年6月27日 (月)

お酒レポート~長久 原酒編

 最近チョットお酒の話がご無沙汰なので、ちょっとしたレポートをあげます。

 みなさん、一人で日本酒が飲みたくなったとき、どうします? 

 酒豪なら、一本空ける。

 独身貴族なら、店に行く。いやむしろ、団に行く。

 では、酒豪でもない既婚者が手元に4合瓶しかないときは?

 答え:

 智恵を絞る。

 以前にお義父さんからもらった日本酒がある。

 機会をみて団に持って行きたいが、チャンスが来ない。

 というわけで一人で空けてみることにしました。

 しかし、日本酒である以上、開ければ風味が落ちる。

 そこで用意したのが、前に伏見の油丁でみた空気の抜ける栓。

 通販で買いましたよ。

 これで栓をしながら3日かけて空けてみました。

 お酒は和歌山の長久 原酒(詳細はアルバムへ)。

110627_202701

 原酒だけあって濃い、20度あります。

 まずは常温で味見…

 色も濃いだけに味も濃い。これを中の人が毎日1合超飲むのはキツイ。

 というわけで考えたのが、「ハイボール化」

 この濃さと度数なら問題なし。ソーダ水のお勧めは西友のクラブソーダ、350mlで40円のコストパフォーマンスは秀逸です。

 お義母さんからもらった生姜の甘酢漬け、もといガリ? 山葵を載せたのをメインのアテに、無事飲みきりました。

 週休二日の方にお勧めです。三日も日本酒が楽しめます。

 ゲームの話はまた今度、それでは~

|

« トキオノバ会2011年06月~データファイル完成 | トップページ | 不定期メンテナンス2011年7月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お酒レポート~長久 原酒編:

« トキオノバ会2011年06月~データファイル完成 | トップページ | 不定期メンテナンス2011年7月 »