« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月21日 (月)

第一回伏見蔵元巡り

日曜日に伏見の蔵元を仲間達と回ってきた。
毎年この時期に、団長が富翁の無濾過原酒を仕入れに行くのだが、俺達も連れてけー!との声が上がったため、希望者を集めて行く事になった。
インフルエンザや急な仕事で欠員が大量に出た筈なのに、気付いたら8人の大所帯だったw
全員参加してたらと思うと、冷や汗ものである。

今回の目的地は、黄桜と富翁。
黄桜で食事をとり、適当に飲む。
      ↓
富翁で仕入れと、新酒の試飲。
      ↓
油長の試飲カウンターで試飲と購入。
この予定。

一軒目、黄桜。
いきなり迷う。
うろ覚えの記憶で歩いたらアカンなぁ。
携帯の地図を頼りに、ようやく到着。
取り敢えず腹ごしらえと、食堂に入る。
一人を除き、みんな900円の定食(空気を読まない一人は焼肉定食w)
を注文。
量質共に900円では(良い意味で)ありえないレベルのものがやってきた。

ウマー

同時にほぼ全員が、ビール3種比べ飲みセットを注文。
一般的な白黒のビール3種と、フレーバービール3種の二つがあった。
個人的には柚子とコリアンダーフレーバーのブルーナイルがお気に入り。

みんな満足したものの、満足しすぎてまったりモードへ。
幹事の団長一人が焦る。

敢えて、試飲のための酒場をスルーし、展示と直売店を回って黄桜終了。

次は富翁。
団長の行きつけの蔵元である。
直売店に入るなり
「無濾過原酒1ダースお願いします」
「あ、私も1本」
「僕もー」
倉庫も含めて残ってた分、全部買い占めてしまう。

そして恒例の、おばちゃんの試飲攻撃開始w
下手なことを言うと、次々に飲まされる(もちろん無料)。
そして、判断力がなくなったところで、いろいろ薦められて買ってしまうw
黄桜で酒場をスルーしたのはこのためである。
今回は多人数だったのが幸いして、中破が一人出た他は損傷は軽微・・・だと思ったのだが、出てみると全員何か買ってる!
勝負には勝ったが、おばちゃんに負けた・・・。
あ、あと大吟醸酒粕も買い占めたw
これ、スプーンでそのまま食べられる。
ウマー

その後、伏見の酒なら何でも揃う、酒屋油長に行って試飲会。

団長は黄桜と月桂冠の本気酒を試飲。
やっぱり凄い。
が、あまりにも高いので手が出ず。
そんな団長を尻目に、ココで最後なので、気に入った酒をみんな買う買うw

17時前、奇跡的に予定の時間で解散となった。
第二回は月桂冠と神聖かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

トキオノバ会2009年12月

メンバーの都合が悪くなったので
12月のトキオノバ会は休止になりました。
今月は自習です。
課題として、
押井守の『METHODS』の1・2を読むことになりました。
レイアウトの作り方を通してシーンの構成力を身に着けようというわけです。

Methods―押井守「パトレイバー2」演出ノート

「イノセンス」methods押井守演出ノート From layouts of“Innocence” [本]

読み方

それぞれの映像作品を見たことがなければ一度目を通す

本の各ページのレイアウトを見る。
※もし、作品のどの場面だったか、実際に画が動く様が思い出せないことが多いときはもう一度作品を見る

今までのアクトなどを思い出しながら、『トキオノバ』のどんな場面に当たるかを考える。
※思い立てたもののみ以下に進む。ダメなら飛ばして次のレイアウトへ。

レイアウトの横にある押井監督のコメントを読み、そのレイアウトにどんな意味があるか理解する。

画が動く様を想像する。
※“N◎VAフィルター”を掛けて

想像した動画を口頭で描写する。
※プレイヤー、ルーラーを選んで

これを繰り返して終わりまで

一通り終わったら本を交換してもいいかも。

次回1月はまだ日程不明です。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »