« トキオノバ会2009年08月その2の1 | トップページ | トキオノバ会2009年08月その3の1 »

2009年9月 3日 (木)

トキオノバ会2009年08月その2の2

キャラクター紹介その1(サブシート)
 ジョルジュ君のサブシートです。

※サブシートについては「書庫」にあるcdnovaのカテゴリーへどうぞ。
http://kokutoarchives.cocolog-nifty.com/

T◎KI◎ N◎VA the Detonation(crude)サブシート
作成日:2009年8月26日

“ハンドル”キャスト名/担当者名
“火星から来た男”ジョルジュ・ルカ/U

スタイル/神業:
真実に躓く伊達男です。

①(レッガー◎ /不可触   )= 不具合をもみ消す
 何者にも束縛されず、いかなる制約も受けません。時代がかった気障な伊達男、それが彼のスタイルです。

起 ヒロインが困っています 
承 「どうしたんだい、セニョリータ?」彼が話をききます。
転 「大丈夫さ、セニョリータ」あまり社会的によろしくない方法を実行します
結 もみ消すことができます。唖然とするヒロインに「こんなことは日常茶飯事さ!」

②(カゼ●   /脱出    )= どんな時も逃げ切る
 どんな時も余裕で心身ともにノリで押し切る、それが彼のスタイルです。

起 彼のそばに時限爆弾がしかけられます 
承 爆弾が3,2,1とカウントを刻みます。
転 爆音とともに爆煙がたちこめます
結 「またコートが汚れちまったじゃないか」咳をしながらジョルジュが煙から現れます。

③(フェイト  /真実    )= 真相を知る
 彼の野生の勘を表しています。どうしてか真実にたどりついてしまう、それが彼のスタイルです。

起 真実を知る者と彼が会います
承 ジョルジュが当てずっぽうで仮説をいくつかいいます
転 そのうちのひとつに相手がぎくりとして顔色を変えます
結 「実は~」相手が話し始めます。

コメント:
 カゼはバイク乗りというよりは飄々とした軽やかさを示すものになってます。全体的になんかカブキっぽいんですが、それはカゼとレッガーのミックスでできた方向のようです。

 “気障な伊達男”がレッガーからやって来るかについては、ちょっと検証がいるかもしれません。

能力7分野
○物理戦

騙し撃ち
<射撃><イカサマ>トンプソン 達成値+4

起 ジョルジュが敵に囲まれます
承 ジュルジュがコートの中に銃口を向けます
転 ジョルジュの脇の後ろから弾丸が飛びます
結 ジョルジュの後ろの敵に当たります。「またコートを駄目にしちまった」

さらに騙し撃ち
<射撃><イカサマ><隠し武器>+トンプソン 達成値+4
弾切れのため隠しておいた銃でフルオート射撃します。

起 彼と敵が向かい合います
承 彼がトリガーを引いても銃の弾はなく空撃ちの音がします。
  敵は彼が素手で攻撃の意思がないと思い、油断しています。
転 それを見て敵は余裕をもって彼に照準をあわせます。
  彼は隠しておいた銃で撃ちます
結 敵に当たります。「銃とパンツは換えがないとな」

徒歩防御
<運動><警報>
勘で通常では避けられない攻撃も避けます。まぐれの連続ですが本人は至って当たり前のように振舞います。 

バイク騎乗時
<操縦><ドッジ><警報>
バイクの出力の分、さらに避けれます。原理は勘です。

回復
<医療>
野生で生きるための応急処置です。物理攻撃の致命傷未満を治します。

○精神戦
防御のみ
<自我>
ドラマがない、台詞がダサいという理由で買収や説得、脅迫に屈しません。単に束縛されるのが嫌なだけです。

○移動
バイクが壊れない限りバイク移動・登場です。かなり運転は上手いほうですがアクロバットなことはできません。

○通信
ポケットロンのみです。

○電脳
電脳技能を持っており、大抵のことはできます。専門的技術(デジタルアクション)を要することはできません。

○社会・所属

<社会:N◎VA>
N◎VA在住。

<社会:火星>
出身惑星。周りからはホラ話としか受け止められていません。出てくるのは故郷の赤色の砂嵐と常識のなさです。

+<売買><裏ルート>※オプション
火星のルート?という触れ込みでいろんなアイテムを用意します。「本日のビックリ武器」、エンディングでヒロインの乗るリムジンです。裏舞台での処理で結構です。

本日のビックリ武器候補
グリズリー P254
ドミニオン 同上

<社会:ストリート>
生活の場です。仕事は主にここでおこないます。無所属です。

<社会:警察>
司法取引を通じての刑の減免や情報の交換で人脈があります。

人脈
コネも水商売、裏社会の住人。取り締まる側、マスコミです。

+<裏読み>※共通オプション
どこにでも勘で登場します。判っている口調ですがロジックはありません。

コメント:
やっぱりこのキャラは<火星>だと思う。<裏ルート>の源泉としては最高のチョイスだと思う。攻撃力不足を補う
意味でも「本日のビックリ武器」は使って欲しい(本日のビックリドッキリウェポン!)。

○その他
なし

サーチ&デストロイ
<知覚> <電脳>
自分の危機に関しては敏感です。でも余裕ぶります。

デストロイは攻撃を参照してください。クライマクライマックスでは「本日のビックリ武器」を最初に使用します。
<射撃>+本日のビックリ武器

経歴:
特に設定していません。火星生まれは詳細を設定していません。

外見・装備:
タロットのレッガーのままです。

<隠し武器>
いろんなところにトンプソンを隠しています。

担当者コメント・キャラクターPR:
かなり原作に近づいたと自負しています。いつもの台詞は『火星じゃ日常茶飯事さ!』

コメント:
 オフィシャルのあの人をキャスト化したキャラクター。以前からの継続キャラなのでかなりこなれていると思う。実際運用時はよく動かせている。ただし文章としての書き出しが足りなかったり、まとまりがよくない点で損をしていると思う。

 受身系のキャラクターなので書きにくいのは分かる。ただこのままだと他の人とイメージが共有できない。受身になる部分は割り切って切り捨てていき、常時使う部分を書き出すとキャラがより映えると思う。いいキャラだと思うので折を見て手を入れてはどうだろう。

|

« トキオノバ会2009年08月その2の1 | トップページ | トキオノバ会2009年08月その3の1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トキオノバ会2009年08月その2の2:

« トキオノバ会2009年08月その2の1 | トップページ | トキオノバ会2009年08月その3の1 »