« トキオノバ会2009年05月その2 | トップページ | 交信記録:団長合宿に行く(2009年6月) »

2009年5月29日 (金)

トキオノバ会2009年05月その3

トキオノバ会2009年5月その3
『トーキョーN◎VA The Detonation』ルールブック掲載シナリオ『託された言葉』リサーチフェイズ(前半)。 
 リサーチフェイズに入りましたが、今回のエクササイズにはロバートにアクセスする役割のトーキーがいない。真相にたどり着くルートがないんだ。ちょっと心配。

Scribble
シーンカード:クロマク
 黒服たちをマクいて落ち着いたジョルジュ一行。どこかのファミレスでレイチェルの話を聞くことにした。
 ロバート・ゴールドマンは千早のエクゼクだが詳しいことは聞いてない。会社に連絡したけど分からないらしい。機密などがあってスケジュールなどは答えられないのだ。黒服は今日初めて会った。ヘッドハンティング? そんな動きではない。
 ふと、ジョルジュが彼女の手元を見ると水滴で何か模様を書いている。最近なんかこうゆうものを書いていることがあるらしい。
 ジョルジュのPLはそれを何かを調べたいのだがイイ技能がない。ダメもとで<電脳>で山引き。かろうじて電子機器(ハードウェア)の図面記号だと分かる。それは彼女の専攻で2人とも不審に思わなかった。真相への光は弱すぎてまだ彼らを導けない。
 シンのPLは舞台裏で身元不明の死体を調べてロバート・ゴールドマンではないかと推測を立てる。

黒服の正体
シーンカード:カブト
 シンが黒服の男の正体を探るために“偉大なる先輩”藤崎竜二、頼れるアニキに相談する。藤崎組のフォートレスを訪問するシン。あいさつもそこそこに彼の前に黒服の男のバラバラ死体を見せるシン。

“偉大なる先輩”にならって
上から圧力がかかって止まった捜査を勝手に再開したら
妨害にあって排除したらこうなった。

頭を抱える竜二。若い者にビニールシートを広げさせて死体を検分する。
その正体がクサナギではないかと伝える竜二。これは日本がらみの事件で彼らは日本、天津機関のエージェント、主に隠蔽を担当する。身元不明の死体はおそらく日本のオペレーションに関わっていたか、知ってしまったので始末された。
この件はヤバイから手を引くように警告を受けるがシンは受け流す。自分もそうだった竜二は黙認。

ジョルジュとシンが合流する(Attack! Attack! + Full Attack!)
シーンカード:カゲ
 すごい、このあとキミたち穴に潜るよ。死体のある穴にね。
 ジョルジュの住処を訪ねたシン。なんか荒らされて火を付けられたみたいだ。焼け跡が痛々しい。「これも土星じゃ常識ってか?」
 呆然としていると後からジョルジュに声をかけられる。「ようセニョリータ、奇遇だな」
「セニョリータ言わない、気持ち悪いから」
「どうしたんだい? はは~ん、さては俺様に用だな」
「ちがう、いや用だけど」
「なんだい、美しいセニョリータ」
「美しいもセニョリータいらない」
「(家の様子を見て)驚いたかい? セニョリータ? 火星じゃ日常茶飯事さ」
 いつものやり取りの後、レイチェルを紹介される。ロバート・ゴールドマンについて尋ねるシン。
 写真を出してみせるジョルジュ。この男のこと?
「土星の情報網ってすごいんだな」シン「火星だ」ジョルジュ。
「父を知っているんですか?」 シンに尋ねるレイチェル。
「もしかして、レイチェルさん?」うわー、ヒットだよ。頭を抱えるシン。
 気まずい沈黙、状況を読み込めないレイチェル。それを破ったのはレイチェル、何かが落ちてくることに気が付いた。「あ、」
 落ちてきたのは黒服の男、もといクサナギ。
「レイチェル・ゴールドマン。我々と一緒に来てもらおうか」やっぱり事務的な口調で。
クサナギの前に立ちはだかるシン。
「我々の仲間を倒したようだが、所詮人間だ」クサナギ。
空からはチョッパー、地上ではリムジン、そこから黒服の男たちがバラバラ下りてきて、周りを埋め尽くす。(データ上はクサナギ1号(ゲスト)と3号・4号のトループ)
「今回は遠慮なし、全力攻撃ね」とシン

 囲まれるキャストたち。そのなかの一人が進み出てくる。「2度もまぐれが続くかな?」クサナギ。
「売られたケンカは買わなきゃね」シン。
<居合い>対<呼吸>の対決
先に動いたのはクサナギだが、シンの居合いが先に届いた。片足を切り落とされるのもかまわず抜き手をシンの腹部に差し込んでくるクサナギ。そのとき、自動制御されたブリューグルムが飛び込んで来てシンの盾になる。<鉄身>
それでもクサナギの手刀はバイクの胴体に穴を開ける。恐るべしクサナギの手刀。
 乗り込んできたバイクに乗ってその場を脱出するシン<エクソダス>、
 ドサクサにまぎれてジョルジュとレイチェルも脱出する<エクソダス>
 そして彼らはモルグに潜ることになる。

※グリューブルムはソードフィッシュとの勘違い。さらに遠隔操作するためのオプションが未整備とか、クルードといえども問題アリアリの処理と判明。

 リサーチ(前半)終了。その4に続く。

|

« トキオノバ会2009年05月その2 | トップページ | 交信記録:団長合宿に行く(2009年6月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トキオノバ会2009年05月その3:

« トキオノバ会2009年05月その2 | トップページ | 交信記録:団長合宿に行く(2009年6月) »