« トキオノバ会2008年3月変更事項のお知らせ | トップページ | トキオノバ会2009年03月中編 »

2009年3月25日 (水)

トキオノバ会2009年03月前編

 先日のトキオノバ会レポートです。
3回に分けてお送りする予定です。今回は前編。

 3月22日当日もメンバーはO、T、Uの3名です。
 まずは映像資料鑑賞。
 今回は予定していた『プラネテス』を変更してアメリカ映画『トリプルエックス ネクストレベル~コレクターズエディション』のDVDです。アンチというかオマージュというか、いずれにしても『007』を強く意識した映画のようです。各所にそれを思わせる展開・演出がちりばめられています。

 例1:パーティに潜入→タキシードを着るぜ!→ボーイに化けて潜入

 例2:シャワーの前に美女と思わせぶりな会話→ベッドシーンか?→はめられた! シャワーから出ると見知らぬ死体が転がっている!

 でもトキオノバ会として気になるのはアイテムとギミック

●ミリタリーアイテム
 特にオープニングでの基地侵入シーンでは未来っぽいアイテムがいっぱいです。後はすごくバカバカしい感じの3段戦車とか。

●ストリート
 今回の主人公が黒人でダウンタウンの出身という設定、匿ってもらう&助っ人要請で昔の恋人とかツレに会いに地元に行く。ストリートのノリがよく分かっていい感じです。

●カゼ要素いっぱい
 クライマックス会場への接近方法がカゼの<マップ>の参考になります。潜入した基地からの脱出シーンはボートによる<エクソダス>でしょう。
 あと車がすごい。本家のボンドカー1台に対してこちらはいろんなタイプの車が出てきます。スポーツカーに四区に戦車(!?)と地上車輛のオンパレードです。

●シーン制あり
 アイテムを手に入れるシーンを省略してすでに持っているところからなど、シーン制を思わせる展開の省略が随所に見られます。

●充実のN◎VA感
 そして何より映画全体からかもし出されるB級感がメンバーの心を捉えて離しません。
軍高官が企む軍事クーデターをストリートあがりの元シールズが阻止する…一歩間違えると頭悪そうな展開を直球ストレートにぶつけて来ます。中盤からのNSA役人とのバディぶりもイイ感じですよ。

 2005年の作品だそうですが、まだ賞味期限は切れていないとの評価になりました。
ぜひ一度ご覧下さい。ヒットしたアクション映画『トリプルエックス』の続編とは思えないテイストですがお三方は楽しく見ていたようです。

 次の中編は『CD N◎VA』による『Nothing hearts like the truth』のプレイレポート前半です。

|

« トキオノバ会2008年3月変更事項のお知らせ | トップページ | トキオノバ会2009年03月中編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トキオノバ会2009年03月前編:

« トキオノバ会2008年3月変更事項のお知らせ | トップページ | トキオノバ会2009年03月中編 »