« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月26日 (日)

残暑見舞申し上げます

 お盆が終わっても全然涼しくならない今日この頃ですが、帰省した者、コミケに行った者が戦利品を抱えて集まった昨日の黒骰子団です。
 団長、O氏、S氏、Y氏、そしてゲストは太陽神のK君。京都五条の陶器まつりで手に入れた新しい盃とコミケの戦利品を片手に今夜も宴のはじまりはじまり〜
 まずは団長が手に入れた西洋甲冑バトルDVD『Estrella War 2007』から、鎧を着けて実際に殴り合おうを趣旨にしてヨーロッパのちゃんばら野郎共の大会を撮ったDVDです。日本にも支部があって、その方々が撮影しました。
 マジ武器はさすがにヤバいので日本のチャンバラスティックを使っているみたいです。というわけで打撃が意外に早いのですが鎧盾持ちの戦い方はまあ再現されていると思います(ルールの勝利か?)。 ただ数をこなすためなのか、一試合一試合があっさりし過ぎているので、そのあたりを改良すれば大きなイベントになりそうな予感がします。そのまま示現流とかタイシャ流の稽古風景とか見ちゃいました。
 あとは同人誌の品評会。最近年をとったせいかあんまりエロ系は欲しくない感じ。絵がうまいとか面白いの、ネタの良し悪しとか、そういうところに目が行くようになりつつあります。あと買い出しサークルの存在を聞くにつけ、並ばないと買えない同人誌って一体なんなのか考えたりします。まあ、出版業界の補完部分でもある面を考えるとしょうがないのかな。
 昨日はお酒をちょっと飲みすぎました。というか飲み散らかしました。ひさしぶりに寄ってくれた方からお酒をいろいろともらいましたので、まずは太平洋 大吟醸(写真)、大丈夫、いけます。金亀(写真)、がんばりましょう。祝砲(写真)、縁起物。大古酒 深流(写真)、大満足。ロックもうまい。パリ野郎(写真)、名前にだまされそう。実はうまい。「いいちこ」みたいな扱いを狙ったという見解で一致。でもそれだったら「仏蘭西焼酎 巴里野郎」で「神の河」「欧羅火」みたいなデザインか、もっとおしゃれな名前とパッケージでOLとかの受けを狙う方がおもしろそうです。

 盆とコミケの夏はおしまい。次は秋がきます。月一でお見合いする人とか、月3で合コンする人とかで秋は出会いの季節なのか、それとも相変わらず酔っ払いの秋なのか。それは神のみぞ知る? それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

今日はメンテの日

本日は例によって、盆休み兼コミケで黒骰子団は休みですので、このサイトのメンテナンスを行いました。ついでに書庫の方にアップもしときました。

東京ノバの世界設定のパートをアップしました。
http://kokutoarchives.cocolog-nifty.com/

来週は通常通りの展開です。それぞれの方々のお土産が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

ジオンの英霊達

 琵琶湖花火大会にて道の混む様甚だしき08/08:1930よりMSIGLOO第四話以降最終話まで鑑賞せり。なお、感想にはネタバレが含まれりて、未だ見ていない方は注意されたし。

 第四話。地球上から宇宙へ上がる巡洋艦を仕留めるMSの試験運用の話なれど、戦場が宇宙に以降する状況でこの様な試験の意義があるのかという疑問を、作中の主人公でさえ抱く演出なれば、ジオンの情勢がひしと伝わる内容であった。ズィーゴックよ母なる海で永久に眠れ。

 第五話。ア・バオア・クーの決戦前にてロールアウトが間に合ったモビルポッド:オッゴの運用評価ではなく、もはや実戦の話であった。さらに、それらを駆るのは訓練したての少年志願兵達・・・・・・そして敵にも新参兵・・・。モニク特務大尉の弟エルヴィンが駆るオッゴは、技術と性能も相成りボールを藻屑へと散らしめり。オッゴとボールが宇宙で命を削りあう様は、胸の透くまさしく宇宙戦であった。

 最終話・・・ア・バオア・クーの決戦・・・。先のオッゴの支援MAとも言うべき試作機を自分で評価するオリバー・マイ。様々な思惑がその宙域に錯綜し、散っていく命。戦争を描いたガンダムの出ないガンダム、MSIGLOO。「待たせたな!ひよっこども!!」ジオン公国に、栄光あれ・・・・・・

 一人で見てたら泣いてたかもしれない。あと、モニク特務大尉に主演女優賞「弟に会ったら、よろしく伝えてね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

独身貴族二人旅 in 伏見 夏

 第二回 油長、富翁飲んだくれツアーです。今回はU1君とO氏。夕方に桃山御陵駅に集合。まずは富翁のおきなやへ。途中、丹波屋で醤油が香ばしいちぎり餅を購入。腹拵えです。さらにコンビニで水を購入。
 おきなやでは梅酒を中心に試飲。抹茶に八つ橋(シナモン)、柚子と色とりどりです。おきなや初心者のU1君に大吟醸系が開いていたので勧めます。ただし量は少なめで。おきなやでは柚子梅酒(写真)と「ひやがいい」という「燗がいい」の姉妹品みたいなアイテムを購入。ラベルも色違いです。お次は油長。ここでは初回はおちょこでしたがすぐグラスに変更。それぞれ3杯で済ませたのに一人3000円いってしまうところが油長クオリティ・・・おそるべし。シメは天天有のラーメン。伏見の初回コースは無事終了です。
 団に帰還したところ、昨晩は少なめでした。団長にK君、それにU1君とO氏です。まずは新しい加納城。アテは油長で気に入ったうずらたまごの燻製、後はイカの酢みそ和え、鯖のみりん干し、うにクラゲ、鯛のお刺身と糖尿病まっしぐらな感じでした。
 この時点で伏見組はダウン。先日U2氏が持ってきてくれたマットでおやすみです。その後、買って来た柚子梅酒をゆっくり飲みながら、団長の戦国城談義、そしてK君のサークル相談へと続きます。ま、詳細はプライバシーに触れるので載せませんが、組織を動かすのはやる気のある個人ということに落ち着きました。
 本日日曜日は床が見えるようにキッチンエリアの掃除をします。維持活動が大事です。ごほうびは団長特製カレー、これをねぎたっぷりのカレーうどん、ツユギリに、桃川のにごり酒でいただきます。カレーの辛さに対抗できるのはにごり酒。マッコリーでもOKでしょう。デザートは明治のスーパーカップのバニラ。風鈴もなります。日曜のお昼のささやかな贅沢です。それでは。来週は盆休みで今日の中の人は休みます。他の人、レポよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 4日 (土)

8/4の団長閣下のガンダム

 前日にありえない頼み方をしてもそれでもなんとかしてくれるゲームマスター団長閣下に深い感謝を込めながら。

 団長閣下に今は絶版となっているガンダムTRPG一年戦争をやっていただきました。

 軍営は勿論ジオン公国軍。部隊名はボルジャーノン中隊。プレイヤーは2000年付近に入学した一応OB×3、現役生1の面子でした。

 チュートリチュアルを兼ねたファーストミッション:油田を制圧せよ、で名前も知らない本来の隊長(プレイヤーの階級は全員同じ軍曹、その中の一人が隊長なので)をプレイ開始前に落した謎の長距離射程砲を持つタンク足のMSを撃破し油田を制圧。セカンドミッション:TOP SECRET、では空から降りてきた地上用ビグザムをカリフォルニアベースまで無事(パイロットの一人は付近の連邦の基地に潜入し近距離での兵士のマシンガンを幾度も避け、陸戦ガンダムを鹵獲した)送りました。

 ラストミッション:ジャブローに咲いた花、ではその地上用ビグザム(NPC)の地上掃射の威力を持って迎撃砲台が殲滅、降下部隊にほとんど損害が出ず、我がボルジャーノン部隊も6機のMSを落とし任務を全う、ジャブロー侵攻作戦が成功しジオンの独立を認めさせてゲームが終了しました。一年戦争の歴史は変わりました。

 ところで、私のキャラクターは『またもや』ジャブローで散りましたが、何か?恨みでもあるのですか団長・・・

―S井―

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8/3のゲーム―ダブルクロスサイド―

まず書き込む人間が学生部じゃないというトラップを置いておきながら

 前期終了お疲れゲームに参加させていただきました。S藤君のGMによるダブルクロスとT口君GMでビーストバインドNTの二卓が立ち、私S井はダブルクロスの方で遊ばせて貰いました。

 シナリオは、主人公の元に舞い込んできたヒロインをめぐる大学生の主人公、ヒロインに恋人を殺されかけている高校生、事件解決を目的とするエージェントのお話で、新入生用ということで複雑な謎も無かったですが、シーン制のゲームは初めてとの事で調査に戸惑ってる感がありました。ですが、自分のキャラの立場を理解した上できちんと行動し発言を行っていたので、私的には十分上手いプレイヤーになれる素質を見た気がしました。

 強いてゲームに難を付けるとするなら、GMが儚げなヒロインを演じるのを「しんどいもん」という態度は『如何ともしがたいGMだ』とキース森澤のプレイヤーが申しておりましたマル

*キース森澤:東京N◎VAにおいて囚われのヒロインを救出する際、『君は僕が守る!僕が守ってみせる!』という程度のありきたりでなんでもない台詞を考えるのに30分の時間を要したキャラクター。それ以降プレイヤーはそういう会話に吹っ切れたという話。もっとも、その30分がどんな台詞が格好良いのかで悩んでいたというのは今でも課題。

―S井―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »