« 東京ノバのアップ開始 | トップページ | スネーク! うしろ! うしろ! »

2007年5月13日 (日)

酔っ払い回想録、ほとんど覚えてないです、はい。

 え〜っと、このブログは昨夜団であったできごとを報告するものなので、基本的に回想録です、はい。しかし中のひとが極度に酔っ払ったりしているとあんまり思い出せないことになったりするのであります、はい。
 昨日は団長とU君、K君というなかなか珍しい面子で始まりました。まずはK君が見つけた松の司のにごり酒(写真)を開けてみます。まるでF1の表彰台のように勢い良く飛び出る白い液体、フタに貼ってあった封には炭酸が強いので振っちゃダメの注意書き、にごり酒だからで思いっきり振った後で見ても遅いよ、はい。ちなみにこのアイテム、結構レアっぽいです。どう見てもラベルが変。色なんか付いてるわけないし燗するわけないし。まあ、純米酒にはちがいないんだけど。
 先発組にSさんが加わって江戸元禄の酒・白雪を開けました。SさんU君の車に当てちゃったみたいですが、ロードスターのナンバープレートはゴム止めなので問題無しです。よかったですね、はい。
 団お気に入りの「トリビアの泉」の特番を見ながら順調に消化していく間にOさんとYさんが到着、結局総勢6名の大所帯に。こうなれば一升瓶を開けないと、ということで長らく酒庫を暖めていた松の司の大吟醸(写真)です。この頃にはU君がダウン。インターバルで飲んだ沈黙の20年がきいたみたいです、はい。
 ところで今日のタイトルというのは最近、酒量が増えているのか、最後は撃沈に近く翌朝はちょっと頭が痛いプチ二日酔い状態。泥酔にもう一歩のところで踏み止まっている状態が続いているということです、はい。
 まあ、それさえも話題にしてしまうのが黒骰子団。昨日の話題は転職したOさんの新会社の様子から、転職後のユーザーとの関係、日本ビジネス社会における義理と信用・信頼の関係についてなど、なかなか示唆に富んだ話に進みましたが、その後はいつものグダグダに。
 酔っ払いはもちろん論理的な話はできませんし、そのときのことを覚えてなどいません。まじめな話、示唆に富んだ話をしたとしても、覚えてはいないのです、はい。だって話の流れでそうなっただけで、彼の人たちの目的は「お酒を飲んで気持ちよくなることなのですから」(、ハイ)。
 このブログは関係者の記憶の断片をつなぎ合わせてかろうじてできているのです、はい。

|

« 東京ノバのアップ開始 | トップページ | スネーク! うしろ! うしろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酔っ払い回想録、ほとんど覚えてないです、はい。:

« 東京ノバのアップ開始 | トップページ | スネーク! うしろ! うしろ! »