« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

秋季合宿

我らが黒骰子団学生部では大体春秋冬と合宿を行います

夏に行わないのは色々と諸説がありますが暑くて動くのが面倒くさいというなんてことはありません。ええ、ほんとうに、決してね。

そんな学生部+OBが去る11月22~26日まで合宿に行ってきました

間に平日を挟んだ5日にわたる強行軍です

学生部にしては激レアなことに一人の寝落ち者もでなかったという稀有な合宿でした

総ゲーム数は11

最終日を除けば1日2ゲーム以上こなすという中々にこゆいスケジュールでした

中身の方は新一年生の初ゲームがありーのニルヴァーナのサンプルシナリオをやろうとした奴がサンプルシナリオの大きな穴に見事にはまりーのマスターが寝てても話が進む話を作ってきた奴がいたりーのなぜかPS2が3台あったりしーので中の人は非常に満足した合宿でした

なお、この合宿における負傷者が一名

帰り道の駅の階段でこけて足を捻挫して翌日から学校にいけてない学生代表がいるとかいないとか

家に帰るまでが合宿だね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

いわゆる一つの人助け

 昨晩はちょっと趣向を変えまして、みんなで町に繰り出しました。団長、京都は太陽神のK君とそのツレ2名、Oさん、U君、S1さん、S2君、Nさん、Y君の10名で大阪は心斎橋でフグを食べようという企画です。

 この話ちょっと事情がありまして、あるお店でちょっと多めに頼んだフグを何とかしてさばきたい。毎日冷蔵庫一杯のフグに見つめられるのに耐えられない、と知人の悲鳴を聞いた某氏の計らいでフグを格安で食べさせてもらえることになったのです。

 午後6時過ぎに約半数が集まったまではよかったのですが、団長以下京都方面の方が来ない。仕方がないので先に始めて待っているとやって来たのは8時前、聞けば梅田で店名を出して案内もらうと着いた先は似た名前のお店。そこから引き返して現在に至ると。

 皮の湯引きを使った前菜に始まり、テッサ、てっちり、唐揚げに仕上げはもちろん雑炊で、小豆アイスのデザート付。お酒はビールに始まって日本酒は加茂泉、ワインはボジョレーヌーヴォ(銘柄未確認)とどれもおいしくいただきました。遅れて来た団長閣下には申し訳ありませんが先発組はたらふく食べて飲んだ3時間でした(後発だった太陽神のお三方、またゆっくりお話しましょう)。

 淀屋橋で太陽神のお三方と別れて団に帰った一行はなぜか明け方までボードゲーム三昧。挙句に団長は昼前から京都はイエサブのフォーチュンコンベンションへという超人ぶり。みなさんフグ食べて若返りました?

 そして残された団ではちょっとした事件が発生しておりました。いつの間にか団のパソコンにウィルスのようなものが湧いてまして、一体いつ感染したのか大騒ぎ。Nさんが奮戦しますがネットで調べたりもできず原因は分からずじまい(Oさんは先日山崎で買ったウィスキーケーキをほお張りながら観戦)。で結局ネットワーク閉鎖のうえ、ハードディスクは洗浄、システム入れ直しとあいなりました(というわけでこの更新はピンチヒッターの某所でおこなっております)。

 本当はメーリングリストで回っているネタとかを紹介したりしようと思うのですが毎週ネタが満載でままなりません。来週は何が起こるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

芸術の秋は嵐山で芸大祭

 ネットワークの不調もあってアップが滞ってしまいましたので、今日は23日勤労感謝の日にありました京都は嵐山、嵯峨芸大大学祭の様子をレポートいたします。

 当日は琵琶湖方面から団長とYさん、大阪方面からはOさんとUさんが参加。午後1時前後に現地到着でございます。入り口でパンフを受け取るとまずは前庭にて腹ごしらえ。赤いカレー(そこまで辛くない)とお好みせんべい、なぜか井上陽水の看板の焼き鳥屋でトントロ串と財力にまかせて詰め込みます。よっぽどお腹がすいておられたのでしょう。

 お腹が一杯になると次は怒涛の展示巡り。団長は以前聞いていた空手サークルを探しますが見当たらずにちょっと消沈。しかしこのあたりはさすが芸大見るものに困りません。日本画の展示場はなぜかスタッフが旧軍の役職でおまけにコスプレ。漫研(?)では同人誌がズラリにヒトラーのお出迎え(「かーちゃん、俺ポーランドに行くよ!」)、中にはではジャズバンドが『カウボーイビバップ』のOP演奏してたりで団の琴線に触れるネタがいっぱいでした。

 一通りまわったところで現地解散。団長とYさんは展示をもう一回見直し、Uさんは表千家の茶会に参加。Oさんは一旦車へ。そこでなんと駐車違反のステッカーを発見、結局帰りに右京警察へ出頭してキップをもらうことに。これさえなければ嵐山の紅葉もきれいで大満足だったのに…(団長一行は帰りにイエサブに寄って『デモンパラサイト』の上級ルールを購入されました)

 いろいろありましたが概ね皆さん満足の一日だったようです。駆け足のレポートですが、これにて失礼します。そういえば、我らが母校の龍祭はどうなったんでしょうね? それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

ちょっとトリビア

 昨日の午前中、団長が石山寺の牛玉さんの朝市に行ってカニを買って来ました。だから昨夜はカニ鍋。Y1さん一家も行っていたみたいなんですが、すれ違いだったようです。残念。メーリングリストはマメにチェックしましょう。

 昼前から帰ってきた団長にOさんが合流。まずは朝市で買った「キャラメル王国」の手作りプリンでお茶。ここでよもやま話に花が咲きましたその中から江戸の話をピックアップします。

 実は江戸時代というのは民主主義でないのと動力がない以外はかなり現代に近い社会だったようです。考えてみたら米相場や為替なんてものがある時点で封建制とは思えない社会レベルです。戦国時代は封建制。徳川3代ぐらいまでは絶対王政。それ以降は旗本による立憲君主制って感じだと思います。ちなみに幕府が市場介入をやってうまく行った例はほとんどないそうです。この辺も今とあんまり変わらない。

 物流もかなり発達していて江戸市中で一番多かった事件は交通事故、大八車が老人を引っ掛ける。市中で頻発する交通事故に頭を痛めた大岡越前は大八車のスピードに制限を設けた。多分世界で初の制限速度。

 江戸では時刻を知らせる鐘が打たれていた。それに合わせて仕事をしていたので、通勤・帰宅ラッシュがあった。お父さんはお土産をよく買って帰っていた。

 交番の歴史は平安時代までさかのぼれて、江戸時代は民間の自身番、武家の辻番という名前だった。たぶん交番は「交通の番所」という意味ではないかと思われる。

 江戸市中の井戸は実は人工的に水路から引いてこられたもの。よく**上水とかあるのはそのための水路と思われます。つまり上水道。ちなみにトイレは汲み取りと水洗と両方あったらしい。

 こんな感じなので江戸は規模・設備ともに世界でも屈指の大都市だったようです。江戸八百八町はかなり初めの頃の話で最終的には1600超の町があったらしい。

 と、トリビアの宝庫でした。話を聞いているとどうも日本人の生活感覚は江戸時代からあまり変わっていないようです。明治維新や戦後とかで大きく変わったように見えますが、基本的な部分はすでに江戸時代からあったものばかりみたいです。古いと思っていた江戸時代、実は結構新しいのかも。これならRPGにしても面白いということで、システムの候補を考えます。薀蓄が多いことを考えると『Aの魔方陣』とか面白いんじゃないでしょうか。サプリメントもどっちかといえば現代との類似点を考えた歴史本として刊行すれば歴史ファンを取り込めそうです。

 昨夜はサバのミリン漬けをグリルで炙ってどぶろく(写真)でやります。この辺りからY2君が合流。カニの酒粕鍋、梅冷奴、エイひれ、大根の漬物にはU君の岡山土産「雄町米」(写真)と「加納城」を開けました。

 今日は東京ノバ会の予定でしたが、U君の都合が悪くなってしまったので延期。『トーキョーN◎VA クロニクル』が発売寸前だったのでその後にしました。昨日の鍋から作ったカニ雑炊を食べて解散です。来週は大阪でふぐを食べるようです。レポートよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

青春の日々ちょっと再び

 え~、昨日今日はかなりいろいろあったので長くなります。みな様少々お付き合いください。

 まずは予告どおりのサントリー山崎蒸留所に見学、2時にJR山崎駅の隣にあるコンビニに集合。メンバーはU君、Oさん、S1さん、N氏、T君の5名。入り口でグラスをもらった後は工場見学コースへ、ははは、今日もあの甘~い麦の香りに包まれました。雨だったからか創業者の像には行かないで試飲会場へ、山崎と響の試飲は何回やってもおいしいです。アンケートも忘れずに書いて会場を後にします(トラックバックも!)。

 売店では原酒の15年(写真)とウィスキーケーキをお土産に、自分用のボトルも名々で購入。そしていよいよテイスティングへ。皆さん頼む頼む。たちまちテーブルがグラスの森に。山崎の25年は色もそうですが、味にも渋みあり、年代を感じさせました(樽の味でしょうか?)。一緒に頼んだバレンタインの30年がスッキリしているのとは対照的です。

 そして今日の流行語大賞は「ニューポット」。蒸留釜から出た直後のウィスキーのことでいわば0年もの。アルコールむき出しの麦焼酎を飲んだようなキツさで思わず咳き込みますが、熟成の大切さがよくわかる代物です。

 今日は早めに来たおかげで十分にテイスティングを楽しめたようです。ゆっくり外を見る余裕もあります。雨の山崎は空気がしっとりしてとてもイイ感じ。ひとりで来て静かにグラスを傾けるのもありかな?

 さて、その後一行は駅の帰り道にある焼肉屋へ。ここでは節制してビールは最初の一杯だけ、あとは肉(今日はレバー、天ニクが無かったのですが、イノシシが食べられたので好しとしましょう)を楽しみました。クッパでシメて一路団へ。

 団では団長が先行、山崎の報告を終えたあとはいつもの宴。今日のメインは「やたがらす 冷やおろし 山廃純米」。冷やおろし+山廃仕込の効果なのか、前に飲んだ「やたがらす」とは全く違う味わいでした。辛口のはずなんですが、味わいはとてもまろやかです。今日のあてはアサリのしぐれ煮、先月にS2君が持ってきたたけのこ、それとナスの漬物。そして団長特製だし巻き。

 久しぶりにN氏が来ているので開ける機会を逃していた牛乳の焼酎(写真)をいってみました。確かにチーズのようなニオイが少しします。ところで味の方なんですが、実はあるものに似てまして、そう、今日山崎で飲んだ「ニューポット」!! アテはU君が家で食べ損ねていたブルーチーズをクラッカーのうえで伸ばしてみました。もとが牛乳だけあってチーズには合うみたいです。

 さて、今日は珍しくボードゲームをしました。「Ticket to ride」、アメリカの各都市を線路でつないで行くゲームで、つないだ線路の長さとミッション(指定された都市同士をつなぐ)をこなすともらえる点数で順位を競うゲームです。初めての人ばかりでしたが、トップが最高難度のミッション(西海岸と東海岸の都市をつなぐ)をクリアするなど、線路がアメリカ中を縦横無尽に走る展開でなかなか盛り上がりました。このゲーム、1ターンに1つしか行動が取れないので、急ぎたいときなどは行動選択に悩みます(このあたりも盛り上がる原因でしょう)。「Ticket to ride」が終わる頃にY君が来ました。

 ボードゲームの次は麻雀。団長がやってくれました。オーラス2位からの国士無双。トップ逆転、もちろん振った相手はトビ。そして次の半荘でもツモリ四暗刻/ロンでも数え役満。こちらは惜しくも不発でしたが、ゲーマー魂(ギャンブラー魂?)を見せていただきました。結局朝までやって全員フラフラです。あーよく遊んだ。

 翌朝、団長はTRPGサークル「太陽神」のコンベンション。昼ごろまで残っていたU君とOさんはメンテナンス。こういう地道な活動がないとみんなの遊び場は維持できません。洗い物を済ませて掃除。台所の一番端に大き目のスペースを確保。水屋(箪笥)の引き出しが開けられる! これでキッチンドリンカーがさらに快適に過ごせます(オイ)。

 先輩方は久しぶりに昔に戻ったみたいに飲んで食って遊んだ休日だったのではないしょうか。秋も深まって来ました。そろそろ忘年会・新年会を視野に入れておかないといけませんね。それでは(なお、来週は東京ノバ会の予定です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

戦争の犬たち

 約2週間近く出張に行っていた団長が帰ってきたので団長、Uさん、Oさんで久しぶりに膳所のてんぷら屋に行こうとしたのですがなぜか休み、なのでさらに久しぶりの斜め向かいにある焼肉屋に。ここは内臓系が良く、今日は生センと生レバがあったのでまずはご飯でいきました。それとチゲ、辛いんだけどもうまい。酔いがさっと退きます。

 団でY君、Sさんと合流。団長の岐阜出張の成果品をいただきました。渡辺酒造醸のまずはどぶろく(写真)。炭酸のプチプチが新鮮です。なんでも発酵中のガスがまだ出るそうでフタに穴が開いてます。だから寝かせてもダメ、賞味期限も冷たくして一週間しかありません。お次は「白雪姫」(写真)。ほんのり甘いやさしいお酒で杜氏さんは女性だそうです。冷やすのが吉。肴は秋の味覚、鶏でダシをひいたキノコ鍋と焼きナスであっさり目です。

 昨晩はなぜかみなさんハイテンションです。3時ぐらいから来て飲んでいたOさんを除き、日付が変わっても元気元気。Uさんが独自の政治観を延々披露したかと思えば、団長は「山海堂」のHPで武器探し、Sさんはライフルを組み立て始めるし。そういえばこの面子、先々週のサバゲに行ってましたね。というわけで今日はみなさん昼になってもまだ寝てます。戦場の夢を見てるんでしょうか。

 来週は以前強行偵察を行った山崎蒸留所に本隊が侵攻! の予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »