« HEKC第2部アップ完了 | トップページ | カテゴリーをアルファベットにしました »

2006年9月10日 (日)

薩摩キリコとデスラーグラス

 昨夜の黒骰子団は3部構成でした。

 第一部、「てんぷらキッチン 野菜屋 のなか」編。今日もOさんが自動雀卓を解体してます。やっと1/4ほどバラせたみたいです。そこへU1&U2コンビが登場。といってもたまたま同時にやって来ただけですが。京阪京津線の膳所と膳所本町の間に焼肉屋とてんぷら屋が向かい合っているところがあるのでどっちかに行こうと言う事で出発。結局てんぷら屋に。

 初めてだったのでまずは盛り合わせで様子をみることに。これが中々のヒットで野菜を中心に平皿いっぱいのてんぷらが来ました。これで一人前800円はお得感いっぱいです。お酒の方も滋賀の地酒を揃えてあり「竹生島」「不老泉」「琵琶乃長寿」、それに広島は大竹の「わたぼうし」(これは微炭酸のにごり酒)をもらいました。皆さんかなり満足で今度は大挙して押しかけるつもりのようです。

 団に戻ってからは宴会、第2部はN氏のお土産編。今日は先週のリベンジ、ナスとブタバラの煮物に、焼き秋刀魚、ウニくらげとあっさり目、今回はちゃんと歯ざわりも残ってうまくいったみたいです。今日は日本海側を鉄で回ってきたNさんのお土産がメイン、まずはいつもの加納城を開けてエンジンをかけまして(駆けつけ1っパイ!)。まずは金升酒造の「初花」(写真)、弱辛の大吟醸。味もさることながらラベルが華やかで目を楽しませてくれます。

 そして市川酒造の「かれん」(写真)、こちらも華やかさでは負けていません。度数も10°で本当に可憐なお酒です。酸味が強いのですが、驚くべきはその香り、ラベルに描かれたレンゲの花のような香りがします(蔵元ではリンゴだと言ってます)。フレーバーを入れているのではないかという意見も出ましたが、それなら表示があるはずだと思うんですが。思わず杯をグラスに変えてシェリー酒扱いで飲んでしまいました。デスラーグラス(写真)大活躍です。

 久しぶりに麻雀をしました。第3部は麻雀編。この時点で実はかなり飲んでいるはずなのですが、それでも勝負です。こういうときはN氏本領発揮です。頼まれてもいないのにドラ乗りっぱなしでツモってくれます。半荘3回に6時半までかかって結局U2君が大破、N氏にダントツトップ献上でございます(チーン♪)。

 今日はU1君は仕事、U2君はツレと福井に魚を食べに、団長は太陽神のコンベンション、OさんとN氏が昼過ぎまでメンテナンスして帰られました。実はN氏のお土産はまだあるんです(フフッ)。来週をお楽しみに!

|

« HEKC第2部アップ完了 | トップページ | カテゴリーをアルファベットにしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩キリコとデスラーグラス:

« HEKC第2部アップ完了 | トップページ | カテゴリーをアルファベットにしました »